がん保険の給付金

がん保険にはいろいろな給付金があります。 がん保険とはどんな保険なのかを知りたい時は、この給付金の内容を知ることが重要だといえます。がん保険をたくさん比較するときにも、どんな給付金があるのかを知っておくと比較がしやすくなります。 主ながん保険の給付金
(1)がん診断給付金
(2)入院給付金
(3)手術給付金
(4)死亡給付金
(5)先進医療給付金
(1)がん診断給付金
まず、がんになった時に支給されるのが、がん診断給付金です。 がん保険に加入するということは、この診断給付金を受け取るために加入していると考えてもよいくらい大事な給付金となります。 がん診断給付金はがん保険により、1回のみ支給されるものと、回数に制限のないものがあります。この給付金があることで、がん保険の初期費用や当面の生活費などの心配が軽減されます。
(2)入院給付金
がん治療を目的とした入院に対して支給される入院給付金は、生命保険各社のがん保険で大きな違いはありません。 どのがん保険であっても、日数は無制限、入退院を繰り返しても、入院日数分、契約した入院日数額が支払われます。
(3)手術給付金
がん治療を目的とした所定の手術を受けた時に支給される手術給付金は、入院給付金を基準にして、手術によって決められた倍率を掛けた金額が支給されます。 基本的には、手術給付金にも支給回数に制限はありませんが、対象となる手術が「所定の手術のみ」となりますので、注意が必要です。
(4)死亡給付金
保険期間中に死亡された場合に支給されるのが、死亡給付金になります。 死亡給付金が付いているがん保険は少なく、給付額もだいたいのがん保険で100万円以下のものが多くなります。 これには、がん保険ががん治療を手厚くフォローすることが本来の目的とする保険であり、死亡保障自体は他の生命保険でカバーされていることがほとんどだからという理由があります。
(5)先進医療給付金
公的健康保険が効かない先進医療治療を受けた場合に支給される給付金です。 この給付金は、だいたいの場合、受けた先進医療技術料の実費が全額保障されていて、通算給付金上限が1000万円というところが一般的となります。 この先進医療給付金がないがん保険のなかには、がん診断給付金の給付額を高額に設定できるものがありますが、それだけで十分なのかよく考えておきたいポイントとなります。検討したがん保険に、先進医療給付金がない場合は、診断給付金の設定金額をチェックしておきましょう。



仲介手数料無料の賃貸会社

リンク

お金に困っているならギャンブルが一番!

免許合宿が激安プランで!

交通事故治療ナビ認定【スミレはりきゅう整骨院】



Copyright © casinnos.net 2011